教訓 46. 世の中はさまざまな人でできている。


So many men, so many minds (or opinions).《人の数だけ心は違う》「十人十色」


 世の中はさまざまな人で出来上がっていますが、この世に生きるとは、顔も心も違うそのさまざまな人と一緒に暮らすことです。見出しのものや次のものはいずれも、世はさまざま、「十人十色」を表すコトワザです。

(a) It takes all sorts to make the world.《世の中をつくるにはさまざまの人が必要》
(b) As many heads, as many wits.《人の数だけ知恵がある》
(c) Diverse men, diverse minds.《人が違えば心も違う》
(d) Some are wise and some are otherwise.《賢い人もいればそうでない人もいる》
(e) So many countries, so many customs.《いろいろな国にいろいろな習慣がある》「所変われば品変わる」
(f) Every land has its own law.《どの国にも固有の法律がある》

 その意味で、変化は人生の味付けです。変化があるから、人生は面白いのです。

(g) Variety is the spice of life.[William Cowper]《変化は人生のスパイスである》

 この変化する世の中では、人はただ驚く以外に為すすべもありません。だから、次のコトワザがあるのです。

(h) Wonders will never cease.《驚異はけっしてなくならない》

                      本文のトップに戻る