教訓  17. 美は短命で、醜と隣り合わせ。


Beauty is but (or only) skin deep.[John Davies of Hereford]「美人というも皮一重」「美しいも皮一重」


 まず、美の皮相性について述べたコトワザを見てみましょう。

(a) Beauty fades like a flower.《容色は花のごとく色あせる》
(b) The fairest rose is at last withered.《どんな美しいバラでもやがてしおれる》
(c) The fairest flowers soonest fade.《一番美しい花が一番早くしおれる》「佳人薄命」
(d) The fairest silk is soonest stained.《一番きれいな絹が一番早く汚れる》
(e) The fairer paper, the fouler the blot.《紙はきれいなほどしみが目立つ》

 美は、このように短命で、あせやすく、うつろいやすいのです。だからこそ、いっそう人々に求められるといえますが、しかし同時に、しおれたバラの残醜からも感じられるように、外見の美は中身の醜悪と分かち難く結びついているという感じを、人は抱かざるを得ません。そこで、次のコトワザがあります。

(f) Fair face, foul heart.《美しい顔に汚い心》「外面如菩薩内心如夜叉」
          別掲 → 教訓 1 ものには矛盾する二面がある。
 = Fair without, foul within.《外面は美しいが、内面は醜い》
          別掲 → 教訓 1 ものには矛盾する二面がある。
(g) The peacock has fair feathers, but foul feet.《クジャクの羽は美しいが、足は汚い》

これらのコトワザは、表面の美はその裏に醜悪なものを隠しているといっています。

                     本文のトップに戻る