52.知恵は経験から得られることを教える

【このカテゴリーの説明】

それでは、人は知識や知恵をどのようにして獲得するのでしょうか。コトワザによれば、それは経験からだといいます。むかし、旅の経験は情報源の最たるものでした。「広く旅する人は物知り」、「旅は知性を広げる」などがあります。

旅だけではありません。日常の生活がすべて経験です。「見ることは信ずることである」というように、人間は毎日の経験から学ぶのです。

むろん、他人の経験からも学びますから、「他人の愚行から知恵を学べ」というのです。いずれにしても、「経験はよき教師」、「経験は知恵の父」なのです。

また、経験は過去の蓄積ですから、経験から学ぶことは過去から学ぶことでもあります。その意味で、「今日という日は昨日の弟子」なのです。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】

教訓175. 旅の経験は知識を豊かにする。

  教訓176. 経験はよき教師である。

  教訓177. 年齢は知恵である。

目次へ