41.人の上に立つことをすすめる

【このカテゴリーの説明】

「長」と名の付くものなら「盲腸にでもなりたがる奴」という、からかいの言葉があります。人間、どんな小さな組織でもいいからトップに立ちたい、と思うのが人情でしょうか。

現代風にいうならば、一流大学卒で大会社に入ってうだつが上がらないよりは、学歴がなくても小さな会社を興して社長におさまった方がよい、という考え方です。大集団の下っ端より小集団の長のほうがまし、というのです。

このコトワザは少なくありません。日本の「鶏口となるも牛後となるなかれ」に当たる英語のコトワザとして、「ライオンのしっぽになるより犬の頭になった方がよい」「ローマで二番でいるより村で一番でいる方がよい」など、数多くあります。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】

  教訓145. 大集団の下っ端より小集団の長がよい。

目次へ