32.継続と忍耐をすすめる

【このカテゴリーの説明】

日本では「継続は力なり」、「塵も積もれば山となる」などといい、継続の力を教えます。英語でも「小銭も蓄えれば財布が一杯になる」、「小さな一撃も大きなカシを倒す」など、微力なものも継続すれば大きな力になり、成功に導くといいます。

そんなことは判っているのですが、「三日坊主」という言葉からも察せられるように、継続することはまことに大変なことです。

だから、コトワザはもう一つの条件として、忍耐を持ち出します。「忍耐は美徳」、「気に入らなくても我慢せよ」と辛抱することを教え、じっと待つことを「待てば海路の日和あり」と推奨します。

いずれにしても「ローマは一日にして成らず」なのです。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】

  教訓101. どんな仕事でも最後までやり抜け。

  教訓102. 慣れれば出来るようになる。

  教訓103. 少しずつでも継続してやれ。

  教訓104. 忍耐と我慢がことを成就させる。

目次へ