26.一時に一事をすすめる

【このカテゴリーの説明】

次に、成功のための方法論として、一度に多くのことに手を出すな、というのがあります。

現代人はとかく忙しいあまり、多くのことに手を出しすぎる傾向がありますが、「二兎を追う者は一兎をも得ず」のたとえ、失敗するケースが多いのです。失敗しないまでも、「多くのことに手を出すものは少ししか完成しない」のは事実です。

とくに、矛盾することを二つ同時にはできません。道理をわきまえない子供はよく、「ケーキを食べたら残っているはずはない」でしょ、と母親に叱られます。

このような矛盾律の正しさは、精神面にも当てはまります。「神と財宝に兼ね仕えることあたわず」といいますし、「恋と知識は両立できない」ともいいます。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】

  教訓83. 別のことに心を奪われるな。

  教訓84. 一時に一事をせよ。

  教訓85. 矛盾する二つのことは同時にできない。

 
教訓86. 一つの仕事を二人以上でするな。

目次へ