18.世の中の変化について教える

【このカテゴリーの説明】

世の中に存在するものは、すべて変化します。この世に、変化しないものは何一つありません。もしあるとすれば、それは「万物は変化する」という事実だけです。

コトワザは、
『変化』以外に永久のものはない」とハッキリ教えてくれます。そして、変化があるから、人生は面白いのです。まことに「変化は人生のスパイス」です。

しかし、一口に変化といっても、そこには繰り返しがあることを忘れてはいけません。たとえば人間の生も死も、個人にとっては一回限りの事件ですが、巨視的に眺めれば、循環する四季のように、万人に巡りくる同じことの繰り返しにすぎないことがわかります。

その意味で
「歴史は繰り返す」のです。だからコトワザは昔から、「太陽の下に新しきものなし」と教えているではありませんか。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】

  教訓46. 世の中はさまざまな人でできている。

  教訓47. 世の中のものはすべて変化する。

  教訓48. 変化の中には繰り返しがある。

  教訓49. 死は人間にとって必然である。

目次へ