13.大きなもの・多いもののメリットについて教える

【このカテゴリーの説明】

むろん、形の大きいものや数量の多いものが有利であるとするコトワザも、いくつかあります。「カシの木は一撃では倒せない」というように、大きければ少々の打撃もこたえません。

また、共同作業では
「人手が多ければ仕事は軽くなる」ので、多い方が得です。「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」、「泥でも多く投げれば少しはくっつく」なども、数の多さを褒めたたえています。

ただ、大なるもの・多数なるものを讃えたり、有利とするコトワザは、小なるもの・少ないもののそれに比べて、それほど多くはありません。それは、大きなもの、偉大なものが有利であるのは当然過ぎることなので、あえて賛美する必要がないからでしょう。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】

  教訓36. 偉大な人間のすることは立派である。

  教訓37. 大きいものや多いものは有利である。

目次へ