11.小さなもの・少ないもののメリットについて教える

【このカテゴリーの説明】

一般に、人間は大きなものを好む傾向があるのでしょうか、小さなものはとかく軽視されがちです。

だが、それに異を唱えるコトワザがあります。
「小なるものは美しい」「小さな魚は美味い」などです。

しかし、多くのコトワザが小さなものを称揚するのは、それがやがて大きくなるからという理由からのようです。
「大きなカシも小さなドングリから」といいます。

この考えの背後には、小なるものが大きく成長していくためのたゆまない努力、継続の力への賛美があります。
「塵も積もれば山となる」に類する英語のコトワザは、「小銭を大切にすれば、大金はおのずから集まる」などがあります。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】

  教訓29. 小さなものは小さいなりに価値がある。

  教訓30. 小さなものも次第に大きくなる。

  教訓31. 小さなものを手段にして大利をあげる。

目次へ