10.外見と中身とどちらが大切かを教える

【このカテゴリーの説明】

では、われわれ自身の生き方の問題として、外見を重視すべきでしょうか、それとも中味を大切にすべきでしょうか。

一方には「馬子にも衣装」で、「立派な衣服が人をつくる」とするコトワザがあります。形を整えれば、それにふさわしい内容が自ずと形成されるという考え方です。

それに対して、「衣服は人をつくらず」のコトワザも多くあります。「顔は心の指標」「振る舞いの立派な人こそ立派な人」などは、大事なのは中身であり、心や人格をみがけば、それは自然に形となって外に現れ、人に評価されるというものです。

さて、みなさんはとちらを選びますか。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】

  教訓26. 外見が中身をつくる。

  教訓27. 外見は中身をつくらない。

  教訓28. 中身が外見をつくる。

目次へ