4.遠くにあるもののメリットについて教える

【このカテゴリーの説明】

いつも同じベッドに寝る夫婦は、かえって離婚率が高く、単身赴任などで別居を強いられる夫婦の方が仲むつまじい、という話をよく聞きます。どうやら、人間関係におけるキーワードは、「距離」のようです。

「距離」は、ものに魅力と尊敬を与える最大の要因のようです。
「別れた人の方が一層恋しさを募らせる」し、「隣の芝生はいつも青い」のです。しかし、この心理が高じると、「禁断の木の実が一番甘い」となり、他人の領域を侵すことにならないともかぎりません。

でも、コトワザの誘惑には乗らないでください。その行き過ぎに警告を発してくれるコトワザもあるのです。
「好奇心が強すぎると楽園を失う」と。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】

  教訓11. 遠くのものには憧れがわく。

  教訓12. 隣の芝生は立派に見える。

  教訓13. 現実より将来への期待の方が楽しい。

目次へ