1.ものごとには両面があることを教える

【このカテゴリーの説明】

とかく世の中には、ものを一面的にしか見ない人が多くいます。一度相手の悪い点を見つけると、よい面をなかなか見ようとしない。これでは、公正な判断ができません。

もしそんな人がいたら、
「トゲのないバラはない」「悪魔は絵に描かれているほど黒くはない」というコトワザで、何事にも二面があることを教えてあげてください。

また、会議などで、自分は絶対に正しく、相手はゼッタイに間違っていると主張する人がいますが、物事はそんなに単純なものではありません。状況が変われば
「甲の薬は乙の毒」になることもあるし、「みんな否定したら、みんな白状したのと同じ」で、 自己主張の強さが逆に墓穴を掘ることにもなるのです。

【このカテゴリーに含まれる教訓テーマ】    

  教訓 1.  ものには矛盾する二面がある。
  教訓 2.  ものには対立する相手がある。
  教訓 3.  ものは正反対のものに変化する。

目次へ