Better safe than sorry.というと、感謝されました。

はじめまして、いつも楽しく諺を学ばさせて頂いております。このホームページは日英両語で私にはとても為になります。

私は日本人ですが、米国のある航空会社で客室乗務員をしております。まだ入社して三年にも満たないので、やっと仕事に慣れてきたって感じです。

英語圏の人々はジョークをよく言うのでこちらもユーモアを持っていないと、せっかくの会話がしらけてしまうこともあります。なかには不道理な我儘を言う乗客もいて、こういう時、日本の諺なら知っているんだけどと悔しい思いをしたことがあります。しかし、このホームページで二ヶ国語で諺を覚えるようになったら、会話がもっと面白くなってきました。

一昨日(クリスマスデイ)、ニューヨーク地方は雪に見舞われ、全ての便はキャンセルされ、空港は閉鎖となりました。こういう時乗客は突飛な質問をします。「いつ雪は止むの? なんで飛行機を飛ばせないの?」そこで、私は

"If we fly, our airplane will crash! Better safe than sorry."

と答えました。するとその乗客は目が覚めたようになり、「そうね、用心してくれてありがたいわ。」とおっしゃってくれました。

諺はメッセージに説得力を与え、使う者を賢く見せます。私はこれからも諺の知恵を借りて、ただのおしゃべりではない知恵のある会話が出来る者になりたいと思います。

これからも、もっと教えてください。

感想集へ