ことわざの文化

ことわざに見る英米文化と日本文化

 安藤邦男

目   次


序 論


1.ことわざの不易と流行

 (1)ことわざは文化の化石
   《 歴史や文化の痕跡を留める 》
  @ 女性蔑視ことわざの日英の比較
  A 英語の女性蔑視ことわざと聖書
(2)生々流転することわざ
  《 多くの変化や交替を繰り返す 》
@ 新と旧の交替
A 表現の変更

B 意味の変化
【クイズ1】

2.ことわざの日英比較
【クイズ2】     【クイズ3】
(1)表街道を堂々と行進する英語ことわざ
平叙文や命令文で、直接的・論理的に教訓を与える》

(2)裏街道を道草して歩く日本語ことわざ
《比喩や省略を多用し、間接的・諧謔的に批評する》
【参考】 柳田国男の俚諺武器説
 《喧嘩や争いごとから生まれた日本のことわざ》

3.誤解される異文化
(1)日本語の難しさ
@ オルコックとザビエルの驚き
A 日本語を学ぶ外国人の悩み
(2)外来語の誤解
@ 外来語は信用できるか?
A 「レディー・ファースト」の誤解
B 「 弱き者よ、汝の名は女」の誤解
C シンデレラの「ガラスの靴」の誤解

本 論

 《 ことわざによる日英比較文化論 》

1.おしゃべりな英米人、だんまりの日本人

(1)おしゃべりな英米人
@ 多民族国家の欧米
A コミュニケーションの尊重
B 話し言葉に適した英語
C 言葉の尊重は聖書の教え
(2) だんまりの日本人 
@ 日本人の3S

A 寡黙が生む文化
B 日本語の曖昧表現
C「沈黙は金」の日英の違い

2.愛を口にする英米人、口にしない日本人
(1)英日とも盲目的な異性愛・肉親愛
@ 生物学的愛と倫理的愛
A 同情から生まれた異性愛

(2)日英で大きく違う愛情の表現
@ 常に愛を口にする欧米人
A 愛を口にしない日本人
B 二葉亭四迷の訳したI love you.
C 夏目漱石の訳したI love you.
(3)人間愛を取り上げる英語ことわざ
@ マザー・テレサを動かした人間愛
A 愛の反意語は何か?

3.行動型の英米人、慎重型の日本人
(1) 日英の行動様式の違いを象徴的に示すことわ

@ 英米人の考え方
A 日本人の考え方
B 二つの道徳律の長短
C 新しい道徳律は可能か

(2)攻撃型の英米人と守勢型の日本人
@ クマに襲われたとき取る姿勢の違い
A 英米人の特性=《攻撃は最大の防御》
B 日本人の特性=「焼け野の雉(きぎす)夜の鶴」
C 戦いを求める遊牧民族
D 行動しないことはそれだけで悪という英米人

4.一神教の英米人、多神教の日本人
(1) 自分の神以外を否定する一神教の欧米人
    《目には目を、歯には歯を》(旧約聖書)
(2) 神も仏も受け入れる多神教の日本人
    
「善人なおもて往生を遂ぐ、況や悪人をや」(親鸞)

(3) 一神教と一神教の衝突
  サミュエル・ハンチントンの予言

5.経験主義の英米人、権威主義の日本人
(1) 自分の経験しか信じない英米人
     《経験は最善の教師》
(2) 権威者の言を鵜呑みにする日本人
    「学問は一生の宝」

6.個人主義の英米人、集団主義の日本人
(1) 責任の取り方の違い
@ 責任は個人で」という自由主義社会英米
A 「責任は全体で」という全体主義社会日本
(2) 日本語の全体主義的傾向
(3) 因果応報の日英ことわざ

@ 自業自得を説く英米のことわざ
A 輪廻転生を説く日本のことわざ
(4) 子供のしつけと教育
@ 子供にきびしい英米
A 子供に甘い日本

7.ヨコ社会の英米人、タテ社会の日本人
(1) ヨコ社会と指導者型社会
@ インドのカースト制度
A 階級差別が激しかったイギリス
B 他国の君主を自国の君主にする
C 強力な指導者が生まれるヨコ社会
D 人間不信から出発した契約社会
(2) タテ社会と調整型社会
@ 「場」で結合する日本社会
A タテから生まれる序列意識

8.罪を意識する英米人、恥を意識する日本人
(1)「罪の文化」の欧米
@ 恐ろしいのは神の声
(2) 「恥の文化」の日本
@ 恐ろしいのは世間の目
A 「恥の文化」の功罪

9. 補 遺
(1) 法律万能の国アメリカ
@ 財産と生命を守る法律

A 訴訟天国アメリカ
B 犯罪王国と銃社会
(2) 英語の健康ことわざ
@ イギリス人の質素勤勉と料理

A 健康について教える英語ことわざ

HOMEへ