日本ワシタカ研究センターではワシタカ類の基礎研究の他、人間生活とワシタカ類との競合問題に直接関係する分野での活動を行っています。

日本ワシタカ研究センター

トップへ

共通メニュー

English

トップ > 活動内容 > 保全

猛禽類生息環境の保全・猛禽類調査評価

 人間側が譲歩すれば開発時にもその地域に生息する猛禽類を保全する事が可能という立場から、開発と猛禽類保護を両立する具体的な工事時期や調査手法をアドバイスしています。
 また、必要に応じて猛禽類の巣の補修や設置など積極的な保護活動も実施しています。

  日本ワシタカ研究センター常勤職員は環境省から委嘱される希少野生動植物種保存推進員です。