head_img

納骨堂・合祀堂・永代供養について 愛知県名古屋市内の真宗寺院

納骨堂とは  愛知名古屋の納骨堂
納骨堂は、家族単位または夫婦、個人で個別に御遺骨を安置する屋内納骨施設です。

室内のお墓という考え方でほとんどの方がお墓の代わりにお求めになります。近年ではお墓を無縁墳墓(無縁仏)にしたくないと後々の事を考へ、 お墓からの改葬(御遺骨を移す事)を希望する方も増えてきております。( 引き墓・墓じまい・墓閉じ)
 
なかには遠方にお墓があるため、或は分骨のため、お墓建立までの預骨といった場合もあり、現代の様々なニーズにお応えできる 屋内霊園という位置づけになるでしょう。

一般的に納骨堂の堂内には御遺骨を入れた骨壺を安置するロッカー状あるいは棚式の納骨壇が設置されている場合が多く、 大型のタイプ、仏壇型、お参り用のご本尊が設置してある本尊型等、納骨堂によって色々な形態があります。

■真宗大谷派大應寺の納骨堂は本尊型でやや大型の「本尊脇納骨壇」 と個々にご本尊掛軸と お仏具が設置できる「仏壇型納骨壇」 があります。

更に近年では設備の整ったマンションタイプの超大型納骨堂や墓石型お参りブースにカードを挿入するとご遺骨の安置ケースが動いてきてセットされる 機械式の最新施設を完備した納骨堂、室内にお墓を並べた墓石式納骨堂などがあるようです。

かなり高額な場合がありますがご予算に余裕のある方にはおすすめかもしれません。

■真宗大谷派大應寺の納骨堂には こうした最新設備 は整っておりませんが、むしろこじんまりとした小奇麗な所が魅力といえるでしょう。特に浄 土真宗のお寺の納骨堂を名古屋付近でお探しなら、大應寺納骨堂を おすすめ致します



合祀堂とは 愛知名古屋の合同墓・合葬墓

合祀堂とは合祀墓、合同供養塔、永代供養墓といわれる合葬墓の一種であり、大型の墓碑に皆さんと共同でお参りいただく納骨施設です。

御遺骨を同じ場所に合同で安置していく納骨施設であり、個別納骨のできる納骨堂とは大きく異なります。

合同での納骨施設であり一旦納骨すると御遺骨はお返しする事はできないといった性質のため、いわゆる永代的に納骨をする永代納骨施設 とも言えるでしょう。

「納骨施設」とはいえ、むしろ大地の上、青空の下に納骨する「お墓」といったイメージが強いこと、一般のお墓や納骨堂に比べると比較的割安な ご予算で永代に亘り納骨可能なところが特徴です。

寺院への分骨や墓地からの改葬 、さらに近年では継承者の心配、費用の都合といった御事情から合祀タイプの納骨を望まれる方も増えております。また、 従来の○○家といった概念に捉われず、お仲間やご友人と一緒の場所へ納骨をと生前申込なさる方、別姓のご夫婦での納骨の方等もいらっしゃいます。

■真宗大谷派大應寺の合祀堂は、寺院本堂すぐ隣の 青空の下、喉仏、分骨、永代納骨と様々な納骨形態にお応えできるよう承っております。

■お申込から納骨まで1日で行う「 スマート納骨申込み」や 直葬や火葬後の簡単なお葬式(骨前葬)と納骨を一緒に行う「骨前葬納骨プラン」、永代納骨と手元供養を合わせた「安穏壇永代納骨プラン」もご提案しておりま す。
詳細は「合祀堂」ページ



永代供養について 愛知県名古屋市内の真宗寺院

 永代供養とは   ご遺骨の永代供養 愛知名古屋
近頃の納骨堂や永代供養墓の宣伝広告に「永代供養付き」の文字を度々目にします。安置された御遺骨に対して末永くお勤めが あがっていくという、いわゆる“遺骨に対する永代供養”です。 お参りの度に僧侶にお経をあげてもらう必要もなく、決まってお経があがるのであれば大変ありがたいものです。

末永くお勤めがあがっていくのであれば、たとえ、おからだの具合が悪い、後継ぎがいない等の事情で、お参りに行く事ができなくても 安心して任せることができます。安心を得るということは大切な事でしょう。

しかしながらこの永代供養とはお骨に対してという事であり、ご納骨における永代供養とはあくまでも「ご遺骨の永代供養」を意味します。

したがって、通常のご法事等の仏事とは全く種類が異なるという点に注意が必要です。 お骨があるからお参りが必要で、お骨がなければお参りしなくてもよいのでしょうか?最近ここのところを混同してしまっている場合がしばし見受けられま す。

そもそも「お骨を永代的に納骨いたします」の「納骨」という言葉を「供養」という言葉に置き換え、「お骨を永代納骨する」=「お骨を永代供養する」 という概念をつくりだしてしまったのではないでしょうか。

ともあれ寺院内の納骨堂や永代供養墓であるなら、末永くお勤めがあがるのは当然のことで、あえて記載し、宣伝すること自体不要な事とも思えます。

したがって、寺院内の納骨堂や永代供養墓なら、通常の場合それほど「永代供養」という言葉に捉われる必要はありません。

■真宗大谷派大應寺の納骨堂・合祀堂は、 寺院本堂と一体もしくは隣接しています。したがって日々のお勤めが行き渡り、末永くお勤めがあがっていきます。

■尚、毎年7月25日には納骨者のための永代追悼法要「納骨者追弔会」を行っております。

なかには後を継ぐ人がいない、事情によりお参りができない、お仏壇を置くこともできないといった場合もありますが、もしご遺族が永代供養に捉われ、 お参りのご縁を失ってしまっては何のための永代供養なのか疑問を感じます。

大切なのは故人を偲び、御法縁をいただいていくことです。お寺に永代供養をしてもらうということは、出来る限り永代法要に出向き、 亡き人をご縁としてご法縁に出会っていくことなのでしょう。

実は、浄土真宗には「永代供養」という概念はありません。上記のようなやむをえない事情の場合もありますが、 念仏の教えが続くよう、末永くお経があがるように、末代までの寺院存続を願ってお寺に永代経懇志を志納をすること。 その賞典(お礼)として法名を安置してもらったり、手厚くお勤めをあげてもらったりするのです。

そうした願いとともに末永くあがっていくお勤めに、いつまでも出会いいただいていく事こそが、意味のある“永代供養”とはいえませんか。

■真宗大谷派大應寺では御法名を本堂内陣の 永代経掛軸に安置し、毎年4月25日の永代経法要にて手厚くお勤めがあがる通常の永代経志納(50万円以上)をはじめ、 ご納骨頂く御遺骨のより手厚いお勤めをご希望の方には、 四種別の永代経納骨志納(俗にいう永代供養10万円~)も承っております。

 

名古屋市内、瀬戸市、尾張旭市、長久手市、北 名古 屋市の方、 名古屋近郊の春日井市、小牧市、犬山市、日進市、豊田市等、愛知県内各所や他府県からも多くの方がご相談にお越しになります。



真宗大谷派大應寺(だいおうじ)【大応寺】は浄土真宗のお東で所在地は 愛知県名古屋市千種区竹越(名東区と守山区の区境辺り)名東区、東区に隣接し、矢田川を挟んで守山区に隣接する香流川沿いの町。御門 徒は名古屋市東北部(東区、千種区、名東区、守山区)、尾張旭市を中心に北区、天白区、緑区、港区、昭和区、西区、及び北名古屋市、 長久手市、日進市、春日井市、瀬戸市、豊田市に在り。葬儀葬式、法事法要、法話説教、納骨収骨、粉骨、分 骨、永代経、院号法名授与、仏具店紹介、仏事相談等承ります。お寺には100基の納骨壇を備えた屋内納骨堂を完備。名称は 大應寺納骨堂、名古屋市千種区に過去の宗旨宗派問わず・年間管理費不要のタイプ有・28万円より。 門徒専用タイプは年間管理費必要で初期費用21万円より。生前契約も可能な名古屋市内の納骨堂。納骨堂は個別納骨。合祀堂は合祀墓、 永代供養墓、合葬墓として、永代納骨・ 永代供養ができる。 遺骨の永代供養を明るく綺麗な名古屋のモダン寺院で可能にした名古屋の真宗寺院としては希少な納骨堂のあるお寺。お墓からの改葬(墓 じまい・ 引き墓・墓閉じ)に対応。愛知県 名古屋で合祀納骨10.8万円~受付ます。


ページトップに戻る