head_img
  スマホ対応NEWサイトはこちらから »スマホ版を見る

手元供養塔【安穏壇】

安穏壇
手元供養塔【安穏壇】はご自宅におけるコンパクトな夫婦墓・個人墓で、これからのご遺骨安置の新しいスタイル

粉骨前の骨前法要と粉骨・収蔵費用を合わせて冥加金78,000円より
*ホームページ限定特別価格。通常は98,000円より
(開眼法要志・本堂お花お蝋燭代別)

■~2.5寸骨壷一つ分、大きい骨壷の場合追加冥加金あるいは分骨が必要の場合は分骨費用が必要

■分骨用のご遺骨を身近な所で手元供養したい
■骨壷が小さいのでしばらくは納骨をせずに自宅で手元供養したい
■散骨をするのだが故人をしのぶ場所が欲しい

  
= このようなお気持ちの方はご相談ください

■もちろん永遠にご遺骨をご自宅に置いておくということはあまり好ましくはありませんが、 大切な方を亡くされてお気持ちに整理が付くまで、 あるいはご自身が逝かれるまでしばらくご自宅で故人とともに手を合わせていくことも大切なことです。

厳かで尊厳のある安穏壇

安穏壇

お仏壇に使われる高品質の金箔を仏具師が一品ごと張り付け丁寧に仕上げた【安穏壇】。

正面の黒いプレートには「南無阿弥陀仏」と仏様の名号が入ります。

下部のネームプレートに家名を書き入れることにより、 まさにコンパクトで尊厳のある“ご自宅のお墓”となるのです。

安穏壇
安穏壇下部はスライド式になっており、寺院僧侶が粉骨をした粉状のご遺骨を桐箱に納め収蔵いたします。

2.5寸骨壷なら2人まで、4寸骨壷は1人分収蔵できます

ご事情でお仏壇を設置できない方やお仏壇の購入が難しい方等、そのままご遺骨の安置できる本尊として 手を合わせていくこともできます。

        
安置する場所を選ばないコンパクト設計

安穏壇


手元供養塔【安穏壇】は高さ23cm幅・奥行10cmで、コンパクトでありながら重厚のある尊厳なつくりとなっております。

ワンルームマンションや寝室に安置するにも大きすぎず、 もっとも身近な所で故人とともに過ごし、手を合わせていくことがことができるのです。

また、数年後の永代納骨(永代供養)を合わせたプランもお選びいただけます。


安穏壇永代納骨プラン
ご自宅で故人とともに過ごすといっても、安穏壇を永遠にご自宅に置きっぱなしというわけにはいきません。 お気持ちに整理が付いたら、ご自身が逝かれる時等、将来は納めるべき処に収めなければなりません。 

■後を継ぐ後継者がいない
■安楽壇を無縁仏にしたくない
■子供達に負担をかけたくない

上記のようなご心配のある方は永代供養墓型合祀堂への永代納骨(永代供養)を合わせてご依頼ください。

安心の永代納骨(永代供養)と合わせて冥加金218,000円より
*ホームページ限定特別価格。通常は238,000円より
■安穏壇永代納骨プランは粉骨協力費別
■上記冥加金はお一方の場合、お二方目は170,000円追加
■~2.5寸分骨用骨壷一つ分、大きい骨壷の場合追加冥加金あるいは分骨が必要の場合は分骨費用が必要

※ 事務手数料として総額の10%をいただきますが、消費税ではありませんので総額表示は行っておりません

          



真宗大谷派大應寺(だいおうじ)【大応寺】は浄土真宗のお東で所在地は 愛知県名古屋市千種区竹越(名東区と守山区の区境辺り)名東区、東区に隣接し、矢田川を挟んで守山区に隣接する香流川沿いの町。御門 徒は名古屋市東北部(東区、千種区、名東区、守山区)、尾張旭市を中心に北区、天白区、緑区、港区、昭和区、西区、及び北名古屋市、 長久手市、日進市、春日井市、瀬戸市、豊田市に在り。葬儀葬式、法事法要、法話説教、納骨収骨、粉骨、分 骨、永代経、院号法名授与、仏具店紹介、仏事相談等承ります。お寺には100基の納骨壇を備えた屋内納骨堂を完備。名称は 大應寺納骨堂、名古屋市千種区に過去の宗旨宗派問わず・年間管理費不要のタイプ有・28万円より。 門徒専用タイプは年間管理費必要で初期費用19万円より。生前契約も可能な名古屋市内の納骨堂。納骨堂は個別納骨。合祀堂は合祀墓、永代供養墓、合葬墓と して、永代納骨・ 永代供養ができる。 遺骨の永代供養を明るく綺麗な名古屋のモダン寺院で可能にした名古屋の真宗寺院としては希少な納骨堂のあるお寺。お墓からの改葬(墓じまい・ 引き墓・墓閉じ)に対応。愛知県 名古屋で合祀納骨10.8万円~受付ます。


ページトップに戻る