head_img

火(埋)葬許可証について 愛知県名古屋市内の真宗寺院

火葬許可証とは
□ご遺体を火葬する時に必要な証書。
市区町村役場に死亡届を提出すると火葬許可証が発行されます。

この火葬許可証というのは文字通り火葬を許可する旨の許可証で、ご遺体を火葬する時に斎場 に 提出します。

ただ埋葬許可証のことも俗に火葬許可証とも言いますので注意が必要です。


埋葬許可証とは
□火葬した焼骨(遺骨)を墓地に埋葬(納骨)あるいは納骨堂に収蔵(納骨)するときに必要な証書。
どこで火葬されたどこの誰の焼骨であるのかを証明し、埋葬(納骨)を許可する証書。

■ご遺体の火葬時に斎場に提出した火葬許可証に、確かに火葬したという旨の承認がなされた証書が埋葬許可証です。

したがって、提出した火葬許可証に承認の印が押されたものがそのまま埋葬許可証として返還されるわけです。

■そのため証書の筆頭には、ほとんどの場合「火(埋)葬許可証」と記載されているので、 埋葬許可証のことを俗に火葬許可証とも言います。


火(埋)葬許可証再発行等
□火(埋)葬許可証は、焼骨(遺骨)を墓地や納骨堂への納骨時に必ずその納骨施設の管理者に渡さなければならない大切な証書ですので 紛失しないように管理しなければなりません。

■たいていの場合葬儀関係の重要書類と一緒に葬儀屋さんから渡されるか、ご遺骨の箱の中にお骨壺と一緒にして挟んである場合がほとんどです。

しかし万が一紛失してしまった時は死亡届を提出した市町村役場で申請をして再発行を受けるか、火(埋)葬許可証に代わる証明書の発行を 受けることができます。

たいていの場合、発行後5年未満であれば死亡届を提出した市町村役場で申請と再発行を受けることができますが、5年以上経過している場合は、 まず火葬した斎場で火葬証明証を入手してから、死亡届を提出した市町村役場で申請をして再発行を受けます。

何十年も経過している場合、火(埋)葬許可証に代わる証明書の発行を受けることになります。

尚、申請者が死亡届を提出した本人であれば身分証明証を、血縁の方の場合戸籍謄本等の血縁を証明する公的証書が必要です。
代理人の場合は委任状が必要かと思われます。

■いずれに於いても 市町村役場により扱いが異なるので必ず事前に問い合わせをしてご確認下さい。


名古屋市の 火(埋)葬許可証発行等に関する扱いは 次のページで ご説明します

≫続きを見る

名古屋市内、瀬戸市、尾張旭市、長久手市、北名古 屋市の方、 名古屋近郊の春日井市、小牧市、犬山市、日進市、豊田市等、愛知県内各所や他府県からも多くの方がご相談にお越しになります。



真宗大谷派大應寺(だいおうじ)【大応寺】は浄土真宗のお東で所在地は 愛知県名古屋市千種区竹越(名東区と守山区の区境辺り)名東区、東区に隣接し、矢田川を挟んで守山区に隣接する香流川沿いの町。御門 徒は名古屋市東北部(東区、千種区、名東区、守山区)、尾張旭市を中心に北区、天白区、緑区、港区、昭和区、西区、及び北名古屋市、 長久手市、日進市、春日井市、瀬戸市、豊田市に在り。葬儀葬式、法事法要、法話説教、納骨収骨、粉骨、分 骨、永代経、院号法名授与、仏具店紹介、仏事相談等承ります。お寺には100基の納骨壇を備えた屋内納骨堂を完備。名称は 大應寺納骨堂、名古屋市千種区に過去の宗旨宗派問わず・年間管理費不要のタイプ有・28万円より。 門徒専用タイプは年間管理費必要で初期費用19万円より。生前契約も可能な名古屋市内の納骨堂。納骨堂は個別納骨。合祀堂は合祀墓、永代供養墓、合葬墓と して、永代納骨・ 永代供養ができる。 遺骨の永代供養を明るく綺麗な名古屋のモダン寺院で可能にした名古屋の真宗寺院としては希少な納骨堂のあるお寺。お墓からの改葬(墓じまい・ 引き墓・墓閉じ)に対応。愛知県 名古屋で合祀納骨10.8万円~受付ます。


ページトップに戻る