head_img

名古屋市の火(埋)葬許可証再発行等に関する取扱い 

□名古屋市に於ける火(埋)葬許可証再発行等の申請窓口は各区役所市民課になり、死亡届経過年数によって再発行などの取扱いが異なります。
□例外を除き原則、申請時には火葬した斎場での火葬証明証が必要になります。


昭和22年以前に死亡の場合

■申請者の住所(現在ご遺骨のある場所)の区役所市民課での申請。

役所にデータが残っていないため、再発行ではなく火(埋)葬許可証に代わる証明書を発行してもらいます。

申請時の必要書類は各区役所に於いて取り扱いが異なるため、必ず事前にお問い合わせになり確認して下さい。


昭和23年~昭和45年までに死亡の場合

■死亡届を提出した区役所市民課での申請。

役所にデータが残っていないため、再発行ではなく火(埋)葬許可証に代わる証明書を発行してもらいます。

申請時の必要書類は各区役所に於いて取り扱いの異なる場合があるため、必ず事前にお問い合わせになり確認して下さい。


昭和45年以降の死亡の場合

■死亡届を提出した区役所市民課での申請。

火(埋)葬許可証を再発行してもらい再交付を受けます。

申請時の必要書類は各区役所に於いて取り扱いが異なるため、必ず事前にお問い合わせになり確認して下さい。


いずれに於いても各区役所により扱いが異なるので必ず事前に問い合わせをしてご確認下さい。

印刷用PDFはこちら

名古屋市以外の火(埋)葬許可証発行等に関する扱いは 前のページで ご説明します

≫戻る

名古屋市内、瀬戸市、尾張旭市、長久手市、北名古 屋市の方、 名古屋近郊の春日井市、小牧市、犬山市、日進市、豊田市等、愛知県内各所や他府県からも多くの方がご相談にお越しになります。



真宗大谷派大應寺(だいおうじ)【大応寺】は浄土真宗のお東で所在地は 愛知県名古屋市千種区竹越(名東区と守山区の区境辺り)名東区、東区に隣接し、矢田川を挟んで守山区に隣接する香流川沿いの町。御門 徒は名古屋市東北部(東区、千種区、名東区、守山区)、尾張旭市を中心に北区、天白区、緑区、港区、昭和区、西区、及び北名古屋市、 長久手市、日進市、春日井市、瀬戸市、豊田市に在り。葬儀葬式、法事法要、法話説教、納骨収骨、粉骨、分 骨、永代経、院号法名授与、仏具店紹介、仏事相談等承ります。お寺には100基の納骨壇を備えた屋内納骨堂を完備。名称は 大應寺納骨堂、名古屋市千種区に過去の宗旨宗派問わず・年間管理費不要のタイプ有・28万円より。 門徒専用タイプは年間管理費必要で初期費用19万円より。生前契約も可能な名古屋市内の納骨堂。納骨堂は個別納骨。合祀堂は合祀墓、永代供養墓、合葬墓と して、永代納骨・ 永代供養ができる。 遺骨の永代供養を明るく綺麗な名古屋のモダン寺院で可能にした名古屋の真宗寺院としては希少な納骨堂のあるお寺。お墓からの改葬(墓じまい・ 引き墓・墓閉じ)に対応。愛知県 名古屋で合祀納骨10.8万円~受付ます。


ページトップに戻る