head_img

納骨の準備について 愛知県名古屋市内の真宗寺院

納骨の時期
□仏教では一般に四十九日を迎えて初めて極楽に往生すると言われているので、四十九日を過ぎても納骨をしていないと故人が往生できない と考えるのかもしれませんが、それは生きている私たちの迷信です。

特に浄土真宗では亡くなったら直ちに極楽往生するという教えなので、全く四十九日にこだわる必要はありません。

ただ、忌明けと言うように喪中に一区切りを付ける意味で、忌明け法要の頃や百か日をご納骨の目安にするのも良いのかもしれません。

■ 結論を申し上げると、いつまでに納骨しなければならないということはなく、そろそろ納骨を と思った時がその時期だと思います。

したがって、早くご先祖と一緒にしてあげたいと思えば四十九日の頃、まだ気持ちに整理が付かなければ百か日を終えた頃、まだしばらくはと思うのなら 一周忌、三回忌、七回忌の頃といったように、ご遺族の方のお気持ちと状況で決めれば良いのです。

■しかしいつまでも置きっぱなしにしていては、ほこりをかぶってしまったり、 薄汚れて変色してしまうこともあります。やがてお仏壇の周りがお骨だらけになってはあまり好ましい事ではありません。

ですから、いつぐらいまでには納骨をしようと決め、事前に準備を整えていくことも大切な事といえるでしょう。


納骨の場所
□納骨の時期が決まれば次はどこに納めるのか考えていかねばなりません。

■分家の場合や、特に後継者がいない場合等は後々の事までしっかりと考えた上で、 ご遺骨をどこへ納めるかを決める必要があります。

お墓にするのか、納骨堂にするのか、あるいは合同供養墓にするのか、場所はどのあたりで探すのか、菩提寺や本山へ分骨をするのか等、 ある程度のことは事前に決めておくべきです。


必要書類の用意
□ご遺骨の納骨は 墓地埋葬法 (以後墓埋法)という法律に定められており、墓埋法に従って行わなければなりません。

■墓地や納骨堂から別の納骨施設にご遺骨を移し納骨する改葬の場合は改葬許可証、 墓地や納骨堂に初めてご遺骨を納骨する場合は火葬(埋葬)許可証が必ず必要となります。

■もし火葬(埋葬)許可証を紛失してしまった場合でもは再発行が可能です。
・ 改葬についての詳細はこちら  「改葬(お墓の引越)に ついて
・ 火葬(埋葬)許可証についての詳細や火葬(埋葬)許可証の再発行に関してはこちら   「 火(埋)葬許可証について

また、納骨施設によっては申込時に住民票や戸籍謄本等の公的書類を必要とする場合があります。

■大應寺納骨堂、合祀堂の場合「 お申込みについて」をご参照下さい。



納骨施設の申込み
□事前に見学に行きしっかりと確認した上で申し込んで下さい。

■申込の手続きや必要書類はその納骨施設によって違いますので、納骨施設管理者にご確認の上行う必要がございます。

また、寺院管理の納骨施設であれば申込時において開眼法要や納骨法要のお約束をしておくことをお勧めします。

■大應寺納骨堂、合祀堂の場合「 お申込みについて」をご参照下さい。


納骨に当たって
□ 納骨当日の服装や持ち物、納骨法要などのお布施等、事前に確認をして忘れ物がないようにしましょう。

名古屋市内、瀬戸市、尾張旭市、長久手市、北名古 屋市の方、 名古屋近郊の春日井市、小牧市、犬山市、日進市、豊田市等、愛知県内各所や他府県からも多くの方がご相談にお越しになります。



真宗大谷派大應寺(だいおうじ)【大応寺】は浄土真宗のお東で所在地は 愛知県名古屋市千種区竹越(名東区と守山区の区境辺り)名東区、東区に隣接し、矢田川を挟んで守山区に隣接する香流川沿いの町。御門 徒は名古屋市東北部(東区、千種区、名東区、守山区)、尾張旭市を中心に北区、天白区、緑区、港区、昭和区、西区、及び北名古屋市、 長久手市、日進市、春日井市、瀬戸市、豊田市に在り。葬儀葬式、法事法要、法話説教、納骨収骨、粉骨、分 骨、永代経、院号法名授与、仏具店紹介、仏事相談等承ります。お寺には100基の納骨壇を備えた屋内納骨堂を完備。名称は 大應寺納骨堂、名古屋市千種区に過去の宗旨宗派問わず・年間管理費不要のタイプ有・28万円より。 門徒専用タイプは年間管理費必要で初期費用21万円より。生前契約も可能な名古屋市内の納骨堂。納骨堂は個別納骨。合祀堂は合祀墓、 永代供養墓、合葬墓として、永代納骨・ 永代供養ができる。 遺骨の永代供養を明るく綺麗な名古屋のモダン寺院で可能にした名古屋の真宗寺院としては希少な納骨堂のあるお寺。お墓からの改葬(墓じまい・ 引き墓・墓閉じ)に対応。愛知県 名古屋で合祀納骨10.8万円~受付ます。


ページトップに戻る