犬山祭【いぬやままつり】

·        

·        

·        

国指定重要無形民俗文化財 犬山祭

12年(1635)に始まる針綱神社の祭礼で、4月の第1土・日曜の両日行われます。愛知県の有形民俗文化財に指定されている3層の車山が13台くり出 し、笛、太鼓に合わせカラクリ人形を披露。夜は、各車山に365個もの提灯がともされ、満開の桜並木の本町通をぬって練り歩くさまは、豪華絢爛、まるで錦絵を見るようです。

犬山祭のはじまり

犬山祭は、当地の産土神を祀る針綱神社の行粧式であり、例祭は寛永12年(1635)尾張徳川家家老犬山城主成瀬隼人正正虎公 (なるせはやとのしょうまさとら)の沙汰で氏子が行粧の車山・ねり物を出し、以来今日迄継承されてきました。 犬山祭の主役は13輌の車山で、いずれも三層からなる豪華なものです。すべて江戸時代から伝わる「からくり人形」を操り、 「奉納からくり人形」を披露するのは全国でも唯一のものです。13輌の車山は「愛知県有形民俗文化財(愛知県指定1号)」として文化財に指定されておりま す。祭礼に曳山(ひきやま)の類を巡行する祭りの形式は、今日においても、全国各地で見受けられますが、 曳山は、それぞれの土地で「鉾(ほこ)」「山車」「屋台」「車楽」などと呼ばれており、犬山では「車山」と標記して、「やま」と言い習わされています。

車山とからくり

犬山の車山は、曳山の形態では、「屋台」に属し、さらに人形を有することから「人形屋台」に類別することができ、三層式の屋台の中では、起源がもっとも古 いものと言われています。このため、「犬山式人形屋台」と独立の分類をなす場合もあります。犬山の車山の構造をみると、名古屋東照宮祭の車山とよく似た構造を示していますが、名古屋東照宮祭の車山が二層であるのに対して、犬山のそれは三層へと独 自の発展をし、その影響を受けつつも単なる模倣には終わってはいないことがうかがえます。また車山の上で楽曲に合わせて舞をみせるからくり人形も、名古屋 系統の影響を強く受けています。あらゆる面で、車山の上で舞う人形や、その他の車山に付属する品々の制作や修理には、名古屋の人形師や職人達の手に支えら れるところがありましたが、これは名古屋付近の曳山の創始が名古屋東照宮祭の車山に始まるといわれることから、 その名古屋の車山を支えた職人達に依拠したことにもよりますが、一面では、犬山の町民たちが、より華麗な車山の建造を望み、名古屋の祭礼の車山と華やかさ を競ったことの反映でもあろうと言われています。犬山の付家老成瀬氏の城下町として発展してきたことも、そうした意識を形成する背景となったかもしれません。

車山一覧

yugyoshin2
yugyoshin3

遊魚神 ゆうぎょしん

恵比須様が荒磯の岩の上に腰を下ろし、釣りに興じています。右手に釣竿を持ち、左手を額にかざし、遠く魚の群れを探しています。お供の子供(唐子)が、 魚の群れを磯近くに追い込みます。やがて大鯛、小鯛が現れて、辺りを泳ぎ始めます。恵比須様は、釣り損ねをしながらも、遂に見事な鯛を釣り上げます。首を 大きく左右に振って、大変喜びます。唐子も、釣り上げた鯛を抱いて、うれしそうに辺りを跳びはねます。そして、生きの良い鯛に苦労しながら「びく(釣った 魚を入れるかご)」に鯛を納めたところで、からくりは終わります。
鯛を釣り上げた時の恵比穎様の表情の変化が1つの見所となっています。

からくり次第
恵比寿人形が荒磯の岩上に腰を下ろし、鯛釣りに興じている。唐子人形は魚群を追い寄せる。ついに大鯛・小鯛が現れる。やがて見事な鯛を釣り上げると唐子がそれを抱きかかえて喜ぶ。目・口・頭と、同時に操る工夫がなされた恵比寿の喜ぶ表情が見所である

matsusaki2
matsusaki3

真先 まっさき

1635年に茶摘みの練り物を出し、1644年より台車程度の車山となった。1689年に当町の大工木村傳助によって車山が建築され、1744年には息子 源右衛門の手は入って、今日の三層車山の原形が出来上がった。からくりは「日蓮上人星下りの圖」であったが、1774年人形師竹田藤吉によって、乱杭渡り の唐子を加えたからくりが作られ、今日まで継承されている。その仕掛けは、からくり人形戯の専門家山崎構成氏によると、「日本に現存する唯一のもの」と評 価されている。1805年には、心棒の破損を機に高さも幅も縮小・改造された。以後部分的な修理はあったが、1979520万円かけ大改修が行なわれ現在に至っている。車山名「眞先」は、かつて13輌の先頭だった由来から命名されているようだ。1997年には前人形を復活。

からくり次第
日蓮人形が礼拝を終え曲録に座して頭を垂れると、天上の星が割れ天女が現れる。天女の唐子が浮島にある乱杭を渡り、梅の木に掛かるギリに飛び移って遊ぶ何の支えもなく高下駄で乱杭を渡る枝は「離れからくり」とも呼ばれる。

ougoushi2
ougoushi3

應合子 おうごうし

祭礼への初参加は1635年で、馬の塔や聖の練り物が出された。車山となったのは1641年で、からくりも単純な「蜘舞」から幕は猩々緋に水引きは錦にな り、唐子人形も添えられて「唐子」のからくりと呼ばれるようになった。1775年に文吉離三によって、唐子の大人形が小人形を肩に乗せるからくりが製作され、今の原型が成立したと考えられている。その後大規模な車山の修復が 行われ、1840年には車山の蔵も建造され、現在も収納蔵として用いられている。車山は1979660万円かけ修復されたが、今も天井裏には「犬山里語記」を著した肥田久吾1836年の墨書が残されている。それには、18世紀末から現在まで、13輌の車山のうち「梵天」を付けていない車山は、当町のみであるという由来も書かれている1998年からくり人形を全面修復。

からくり次第
大人形が小人形を肩車にのせて、舞竹の所に行き、それにつかまらせて下がる。小人形が2回転(鉄棒の大回転2回に相当)すると、大人形が再び現れて小人形を肩に乗せて戻る。大人形と小人形の合体や離れ技が見所である。

seioubo2
seioubo3

西王母 せいおうぼ

1649年より車山を出す。当時のからくりは「瀧門の滝」であった。その後「西王母」に替えられ、更に1776年、人形師竹田藤吉により「西王母唐子遊び綾渡り」に作り変えられた。車山名「西王母」もこのからくりから付けられた。車山の中山の匂欄は1814年と1840年に修復され、1976年に225万円をかけて修理され現在に至っている。今も使われている楽太鼓は、1835年当時からのものであり、1867年に作られた下山の水引きは、全国刺繍大会に特別出品された逸品である。車山の車輪は方円式作りで、木口全体が円周に対して直角に作られ、車輪の摩滅を少なくし、しかも均一にする上にも効果があり、13町内の車山の中で唯一のものである。

からくり次第
大人形の西王母が、唐子に桃を採ってくるように扇で指図すると、唐子は梅の木の枝から枝へと渡り、最後にギリにつかまって下りると、「瑤台」の額を上げて終わるが、唐子が梅の木に手を掛けたり足技で渡る離れ技が見所である

koboro2

子母衣 こぼろ

1658年より、呉服を背負って行商する姿の「聖」の練り物を出した。18世紀から19世紀中頃までは3人の聖が参列していたことが知られるが、その後、いつからか小母衣に変わった。 現在は5人の子供がかわいい武者姿に小母衣を背負って参加している。

sumiyoshidai2
sumiyoshidai3

住吉臺 すみよしだい

当初は「左輿姫」の練り物であったが、1649年より車山となり、1675年当町の大工源七により改造され、からくりは「大黒天」から「丞相」へと変還し た。1779年には大工忠八郎によって修復され、18世紀末には「是善郷、天より子を貰ひ給ふ所」に変えられていた。その後車山の塗り直しが行われ、1824年には大工吉右衛門・木挽三治、彫物師公勝・漆屋和助・徳兵衛たちにより再造され、今日まで継承されてきた「住吉」のからくりとなった。車山名「住吉臺」は「住吉・白楽天」のからくりによってつけられたもので、このからくりは、能楽の「唐の白楽天と老漁夫の知恵問答」から採られたものと言われ、 1779年の記として、天井板に「叶 千鶴 萬歳 千亀」が天地逆に書かれているが、今も謎となっている。

からくり次第
笛の合図で住吉人形と白楽天人形が舞いながら問答を始めるそのうちに住吉人形は神橋に、白楽天人形はお社頭に変わるが、その変身の早さが見所である。

urashima2
urashima3

浦島 うらしま

1650年より大母衣・小母衣の武者の練り物を出し、1683年より小母衣のみとなったが、差し物に軍配があった。それは当町大坂屋吉次の家宝を借 用した もので、豊富秀吉からの拝領品であったと言われる。 以後は大人に代わって子供の母衣武者となり、18世紀後半には幟一本の参列に変わった。しかし18世紀末には花車を引いて参加し、1811年には「黒船」 が作られたと伝えられる。その後他町との同型の車山に変えられたが、1873年名古屋から船形の車山を譲り受け、翌年修復し再び「黒船」と呼ばれた。1887年に2層作りから3層作りに改造され、1980年には682万円で車山全体の解体修理がなされ、さらに1993年に1500万円で修復工事が行わ れ現在に至っている。車山名はこのからくりから採っているが体形から「鶏車山」(とりやま)とも呼ばれている。

からくり次第
浦島人形が亀に乗って貝の所へ進む。すると貝が割れて姫人形が出る。玉手箱を浦島に渡し、貝の中に姿を隠す。太郎は玉手箱の蓋を開けるとたちまち翁になってしまう。有名な伝説から採ったもので面冠りの早技が見所である。

ooboro2

大母衣 おおぼろ

1653年より車山となり、からくりは「弘法大師の投げ筆」であったと言われる。当町は市街の西の坂下に位置するので、車山を坂の上まで曳き上げることが出来ないから、坂口において組立てたと伝えられる。1714年からは車山に代わって大母衣武者5人の練り物となり、19世紀後半まで続いたが、いつからか姿を消し、今日では幟1本のみの参列となっている。 1998年岐阜県加子母村の協力により復元された。

kanei2
kanei3

咸英 かんえい

1650年に巡礼の練り物を出し、後唐人の練り物に替えられた。1699年には踊り山となり、1745年より車山となって、からくりは「七福神」であった。18世紀後半、人形師竹田藤吉によって「唐子遊び」のからくりに作り変えられ、今日まで継承されている。車山は1805年に再造されたが、更に1865年には、棟梁廣瀬清七清勝外大勢の手によって再再造され現在に至っている。中山の欄干は紫檀で作られている が、これは明治の初頭、横浜まで出向いて一万両で購入したものと伝えられている。上山・下山のびわ板は堆朱で、下山突き出しは山柿と花梨の材である。車山名「咸英」は、こうした高価な材料を用い、優れた工芸を施した車山という意味で、「すべて秀でる」として名付けられた。1999年からくり人形が、9代玉屋庄兵衛により全面修復された。

からくり次第
人形三体のうち一体は中央引臼(蓮台)の上に左片手で逆立ちし(鯱)、右手にて小太鼓を打ちながら首を振る。一体は臼を回しながら首と足を動かし、一体(大人形)は鉦鐘を打ちながら首と足を動かして行き来する。

kokkouran2
kokkouran3

國香欄 こっこうらん

1650年に鷹匠の練り物を出し、1683年に車山が作られた。1742年矢場町の甚四郎がからくりの文珠菩薩を作り、車山も三層となった。からくりは「石橋(しゃっきょう)」と呼ばれるもので、能楽に基づいて作られ、人形も当時のものが使われている。車山は1803年に下山の張り出しが作られ、1815年には棟梁大工岩蔵のもとに車輪が新造された。又1842年には、上山の鶴・中山の龍・下山の狛犬が 一連として、「無双彫り」と言われる彫りの深い作りで、車山の四方に製作された。 なおこの車山は中幕の正面に大房を掛けていないが、これは幕そのものが魔除け幕であると昔から言い伝えられているからである。又夜車山の弓張提灯の「奇妙 楽」は、道行きの奏楽が「誠に奇妙な音色だ」と評されたことから書かれたと言われている。2000年に9代玉屋庄兵衛により人形修復が行われた。

からくり次第
文珠人形と唐子人形を楽の音と共に操り始める。前の唐子人形が、牡丹の花を手にして喜び踊る。そして牡丹を花台 に挿すと、中から獅子が飛び出す。最後に文珠人形が軍配を片手に唐子を賞める。その表情が実に楽しい。

jyuroudai2
jyuroudai3

壽老臺 じゅろうだい

1651年に伊勢参りの練り物を出し、1670年には御座船の車に変え、1702年には踊り 山となった。 幕は犬山城主からの拝領品の緞子であったとか。又隠居していた旗本片見久右衛門宅から武具を借用して、踊り山に飾ったとも伝えられている。 18世紀前半には三層の車山となり、1772年に大規模な修復がされたようである。そして、1903年には老朽のため全く同形のものが新造・復元された が、これは擬宝珠以外装飾金具・塗料を一切用いず、総白木作りであった。 旧車山は現在の一宮市今伊勢町馬寄に譲渡され「大聖車」(だいじょうぐるま)となったようで、一宮市の指定文化財として現存している。車山名「壽老臺」は、からくり人形が寿老人であるところから一般にそう呼ばれているが、もともとは「石橋壽老臺」であったと言われている。

からくり次第
楽に合わせて文珠人形が舞台を左右に舞う。左手にある箱を正面に持ち出して割ると中から唐子人形が飛び出す。すると文珠人形は獅子の面を冠って咲き匂う牡丹の花に狂い戯れ賑やかな舞を踊る。変身の妙が見所である。

sesshounin2

殺生人 せっしょうにん

1659年より馬の塔を出し、その後花売りの練り物となり、18世紀前半には幟を出し、「大かぐら」が奉納された。18世紀中頃からは、「殺生人」の練り物が出され、大戦後に神楽の奉納はなくなったが、現在まで続けられており、紋付きの着物股引きをはいて、赤い陣羽織に陣笠をかぶった四人の餌刺と四人の鉄砲をかついだ子供が、「内田組」の幟に先導されて参列している。

houei2
houei3

絳英 ほうえい

1674年より大神楽を出し、1689年より車山となった。からくりは「布袋和尚」であったが、その後「時平公・菅相公」に替った。1981年には総額800万円で全面的に修復されている。
現在のからくり人形は、1869年に人形師土井新三郎・仕立物師岩田屋和七によって作られ、水引きは5年後に人形に合わせて、冠・笏・軍配・太刀をラシャ 地に金銀糸で縫取りがされた。 車山名「絳英」は、縫い物が優れている意味での命名だが、他町では「こうえい」とも呼んでいるので、別の由来があるのかもしれない。からくりは歌舞伎の「菅原傳受手習鑑」から採られたもので、当時は名古屋から笛の師匠を招いたり、各地の祭囃子を耳で覚えそれを当町の車山囃子に採り入れたと言われている。「名栗町の車山ばやし」

からくり次第
時平人形は正面奥に座り、頭と手を動かし、前面にすえてある梅鉢の切花を散らせる。管相人形は右手に持った軍配を投げ捨て梅鉢の技を折り取って指し上げると、残った花が開花する。童子が喜び梅鉢を抱き上げ舞いをする。

roushou2
roushou3

老松 ろうしょう

1674年に大きな雪の玉を模した作り物に松や梅、竹を添えた「雪まるげ」を出す。(雪丸台または木綿山とも言われた。) 後に台に車がつけられ、その前を雪掃きの箒持ちの子供が10人ほど先行していた様です。1830年に三層の車山になる。その上山におめでたい脇能として演 じられている能楽の謡曲「老松」を採り入れ、その松を樹てる現在の車山名「老松」はその時以来の命名とされる。1833年にからくり「淡路嶋」を据える。能楽の謡曲「淡路」に因み、出典は古事記による神生み国生みの神、伊邪那岐命、伊邪那美命二神の国土創世二祖の 神話の物語りです(巫女舞であることから神子車とも呼ばれる)中山に金の鯱ほこが付けられているのは当車山だけであり車山の随所に螺鈿細工がほどこされて いる。 1983年に全面修復がなされ、1987年に9代玉屋庄兵衛により人形修復が行われた。

からくり次第
曲に合わせて巫女が左手に鈴を持ち、右手に扇を持って舞い、後方に神人人形が立っている。巫女が舞い終わると神人人形は、2回転したかと思うと社殿に、巫女は鳥居に早変わりする。そして又、元の人形へと早変わりする。

houtei2
houtei3

宝袋 ほうてい

1674年より馬の塔2匹を出し、2年後に山伏の練り物と替えられた。1813年練り物に代わって車山が出来た。からくりは「二福神」で、一説には「山伏・比丘尼」とも言われた。1842年余坂村は大火に見舞われ、車山も焼失したが、1870年には車山も再造され、6年後に総工費200万円をかけて修復、現在に至っている。車山名「宝袋」は、からくりの内容から付けられたもので、江戸時代には「二福神」とか「大黒車」ともよばれていた。その名残りか、現在でも夜車山の丸提灯には「二福神」と書かれている。中山前方の人形は「麾振り人形」と言われるもので、通称「余坂のべ口出し」と呼ばれ、異様な面相で真っ赤な長い舌を出し入れする。車山の白木作りは当町と鍛冶屋町のみである。96530万円で玉屋庄兵衛により人形修復が行われた。1999年水引き幕が新調された。

からくり次第
大黒人形が宝袋を前に左右に動く。正面を向いた大黒が早笛と共に槌を振り下ろす。二つに割れた宝袋より小舟に乗った恵比須が舞い上がり、扇を開き大きくあおぐ。それを見て大黒は、大きくうなずき、大喜びする。

baishougi2
baishougi3

梅梢戯 ばいしょうぎ

1674年より車山を出し、からくりは 「七夕二つ星」であった。1756年に車輪の再造があったがからくりの内容は不変で、1826年まで「七夕」が演じられた。翌年「梅渡り」のからくりが人 形師玉屋庄兵衛に発注され、衣装は伊藤店(現松坂屋)で作られ、現在の唐子人形のからくりが誕生したのである。  車山は1887年に車輪と車軸を除いて三層が新しく建造されたが、1976年にからくり人形は、7代目玉屋庄兵衛によって修理され、2年後には心棒・梶 棒・上山の四本柱が、総額400万円で新調され現在に至っている。車山名「梅梢戯」は、唐子が梅の梢で戯れるからくりから命名されている。当町の車山は、13輌の中でしんがりとなっているが、これは車山の創建順位ではなく、巡行都届が最後であったためである。

からくり次第
お囃子に合わせて中唐子と小唐子が正面に一礼する。中唐子は梅の木のそばで遊ぶ。小唐子は台に乗り、梅の木の中段に左手を着いて逆立ちし枝に掛けてある太鼓を、首を振りながら叩く。小唐子の逆立ちの妙技が見所である。

 

 

 

 

車山の構造と名称

dashi-kouzou-meishou

 

 

 

ホーム